部長挨拶



宮城県高体連剣道専門部長
宮城県佐沼高等学校 校長 茂木 好光
 
 本専門部のホームページをご覧いただき,誠にありがとうございます。
 皆様には,宮城県高体連剣道専門部の諸活動に対しまして,ご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。また,平成29年度の南東北インターハイでは,関係各位の皆様方の多大なるご協力を賜り,成功裡に終えることができました。
 本専門部は,剣道競技を通し,みやぎの高校生の健全育成と剣道の普及発展を図ることを目標としています。今年度も①全国大会での上位進出を目指し強化事業を推進する。②生徒・指導者が一体となり競技者としての精神面・技術面の資質向上を図る。③関係諸機関との連携を図る。これらを柱として事業に取り組んで参ります。
 剣道の理念は「剣の理法の修練による人間形成の道である」とされ,指導の心構えとして「心気力の一致を目指し」「礼節を尊ぶことを重視し」「技を通じて道を求める」ものです。生徒と指導者の信頼関係はもとより,生徒同士の切磋琢磨する稽古の中での,相手を尊重し思いやる心や互いが磨き合う向上心が求められます。
 また,「文武両道」を追及し,自らの志を明確し,創意工夫・探求心を常に持つみやぎの高校生であってほしいと思います。
 東日本大震災から8年が過ぎ,復興が進んできましたが,令和元年をあらたなスタートとして,剣道専門部員一同,気持ちを新たに各事業・各大会の円滑な運営と,高校生の指導・育成に全力を注いでいきます。
 そして,みやぎの高校生が,剣道を生涯学習の場と捉え,生涯にわたり学び,互いに高め合い,充実した豊かな人生を送られることを切望します。
 今後とも,保護者・関係各位の皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。